BLUE CRYSTAL

小説(しょうせつ):文学の一形式。 小説は、散文で作成された虚構の物語として定義されており、 内容においては、随想や批評、伝記、史書と対立するものであり、形式としては詩と対立するものである、とされる。 また、英語でのnovelはスペイン語でのnovelaや、フランス語の nouvelleと同語源であり、もともとラテン語で「新しい話」を意味するとされる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

若い人にとっては、クレジットカードといえば使い過ぎるのが怖そうなイメージや、実際に審査に受かるか分からずに不安といった印象を持つことが多いです。 しかし、クレジットカードの審査は実は歳を重ねてからよりも、若くてまだほとんど稼ぎが無い学生さんなどが案外受かりやすいです。 若い人はクレジットカードを持ちやすいですし、若い頃からクレジットカードを使って支払を円満に済ませた実績を残して置くことは将来的に住宅ローンを組む際の審査でも好材料に働くことも多いですし、後にステータスが良いプラチナカードやゴールドカードといった多くの人の憧れのカードを若い年齢で持ちやすくなったり、たくさん良いことがあります。 クレジットカードは使って支払をこなせば、クレジットヒストリーというものが信用機関に記録されていくのです。 歳を重ねてからクレヒスを持たない人は少し審査が厳しくなることはありがちなので、クレジットカードは若い人ほど持っておいた方が将来的に得すると思います。 最近の若い人はネットショッピングを楽しむことが多いですが、クレジットカードを持っておけば支払いも便利です。 代金引換よりも手数料がかからないですし、支払のためにコンビニへ行く手間も無くせるので、ネット通販をする人はクレジットカードはあれば非常に便利です。"

ゴールドカードを作ったからといってそれを使用したときに誰かから敬われたり、サービスのレベルが高くなると言うのは都市伝説のように思います。少なくとも一般人が普通に生活していくうえでそこまで違いが出てくるものではないと思います。 たとえそのゴールドカードがあるお店の一般カードの上級に位置するものだとしても特段変わりがあるようには思えません。私はあるショッピングビルの会員カードでもあるクレジットカード)をゴールドカードに変えましたが、特に店員からの対応が変わった様子もなく、サービス内容が上がったようには実感できていません。もちろん付帯のサービスがその分グレードアップしているのですが、だからと言って年会費数千円程度ですが支払う価値が実際に存在するかはすごく疑問に感じています。見栄をはるためだけにゴールドカードを作ろうと考えているのならばそれは止めたほうが無難でしょう。ステータスとしてこそゴールドカードには価値があるのですから。

Copyright(C)2002-2015. Rin Hikari All Rights Reserved(since 2002.2.10-2015)